採用調査の目的と方法

転職にあたり採用調査がなされる場合があります。
かつて就職時において身元調査をする企業がありましたが、今の採用調査は職務経歴に虚偽がないか、懲戒解雇といった問題のある退職をしていないか、採用にあたって確認する場合に実施されるケースがあります。



多くの場合、転職先の人事部門が転職元の人事部門に電話連絡を行い、職務内容、在職期間に関する問合せを行います。

転職にあたっては、まざ在職中のケースが多いことから、実際は在職している社員かどうかヒアリングする程度に留まっているようです。

電話によるヒアリング調査の他に、転職希望者に前職の同僚、上司からの在職証明や推薦状を求め、その提出を以て採用調査とする企業もあります。



この場合は転職側がある程度コントロールできるため、あなたに優位な情報を提出することも可能になります。



従って、普段から職場における人間関係を良好に保っておく配慮、考慮は必要となるでしょう。


では、実際に採用調査は採用そのものに影響はあるのでしょうか?あります。履歴書、職務経歴書の内容に関し、虚偽が発覚した場合、ほぼ間違いなく採用取消となります。
採用調査の有無は通常、選考プロセスがある程度進んだ段階で分かることがほとんどです。

その際にあわてることのないように、履歴書、職務経歴書には嘘の内容を書かないようにすること、職場の人間関係を円滑に保ち、転職先にあなたのマイナスの情報が伝わらないようしておくことが大事です。





mouseover